異名、漂白剤の由来。
美肌な女性

ハイドロキノンは美白へのお手伝いをする成分です。漂白作用があるので、美白効果が期待できます。
その美白効果は、厚生労働省が美白効果があるとして認めているコウジ酸やアルブチンよりもはるかに優れていると言われています。
日本では2001年の薬事法の規制緩和によって市販の化粧品にも使用することができるようになりましたが、アメリカではシミ治療と言えばハイドロキノンというほど、ポピュラーな成分です。
では、ハイドロキノンはどのような仕組みで肌に美白効果をもたらすのでしょうか。
紫外線を浴びると、メラノサイトという細胞の中でメラニン色素を作り出す働きが活発になります。
そして、メラニン色素生成に関係するのが、チロシナーゼという酵素です。
ハイドロキノンには、チロシナーゼの働きを抑制する働きがあります。
また、メラノサイトにも直接アプローチし、メラノサイト自体を減らす作用もあります。
そして、ハイドロキノンの大きな特長は還元作用があることです。
メラニン色素は、酸化することで色素が濃くなるので、シミを薄くするためには、酸化したメラニン色素を還元しなければいけません。
ですので、ハイドロキノンの還元作用は、すでにできているシミにも効果が期待できます。
ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類は、老人性色素斑、そばかす、肝斑、炎症後色素沈着です。
シミにハイドロキノンを塗る女性ただし、効果が期待できるのは、表皮にあるシミだけで、真皮にまで達しているシミに働きかけることはできません。
このようにハイドロキノンは美白効果に優れていますが、濃度によっては肌を刺激することがあります。
一般的には3%以下なら安全に使用することができると言われていますが、敏感肌の人はパッチテストを行ってから使用することをおすすめします。
また、酸化しやすいので、冷暗所に保管し、早めに使い切るようにしましょう。